昨日は常任委員会の産業環境委員会でした。

僕の今回の委員会質疑は

1.堺の観光連携について
2.市民会館建て替えの件

でありました。

特に今回の主な主題は市民会館の件でした。

大綱質疑でも取り上げられていた案件で、論点は2つ。

市民会館建て替えの入札が行われたが不調に終わっている。

しかも3社中2社が辞退、残りの1社は20億円以上超過した

金額を入れてきて不調となっている。

全国的に入札不調が起こっているが自治体により対応は様々。

現在その1社の金額がなぜそんなに高騰したのかは調査中

とのことだが、高騰していった場合の対応策について問いかけた。

また、

今議会で「堺市民芸術文化ホール条例」が提案されている。

新しくできる市民会館の運営を堺市特定の外郭団体である

堺文化振興財団に指名する条文があり、

幅広く提案を受けて指定管理者を決める制度が機能せず

この会館が建っている限り(約50年間)特定の団体に運営をさせる

ということになる。市民利益向上の可能性を阻むものである。

このことに僕は問題提起を行い、初めての委員間討議が行われた。

結果、公明党さんがこの箇所を削除する修正案を提出し

委員会採決においてこの修正案が可決となった。

今後市民会館建て替えのコストについても調査結果を待って

議論していくことになる。