分党

週末は馬場伸幸衆議院議員の後援会バス旅行へ参加。

青年会議所の仲間も参加しており、賑やかでありました。

そこでも様々な方から本当に貴重なご意見頂いた。

また、市政のご報告もさせて頂いた次第です。

ご期待頂いているお声も掛けて頂き、身の引き締まる想いでした。

その次の日、昨日ですが、日本維新の会党大会に出席。

メディアも沢山来場していました。

石原慎太郎さんの中継でのコメント、その後

橋下代表の話もありました。

さわやかに分党という雰囲気でした。

野党のあり方とはどうなのか。

与党に対して何でも反対していくというものでもなく、

進めるべきところは賛成していく。

政権与党は組織が大きいから与党になっているため

改革に向かっていく速度が落ちる。

そこは維新がしっかりと後押ししていかなくてはならない。

そんな政党にしていくことが当面の目標だと思う。

維新は現実的な政治を目指していると実感した。

大阪維新の会もローカルパーティーとして

もっと僕たちが訴えていかないといけないと実感した。

政令市よりも特別区、そして道州制へと。

現在の堺市政は既成概念のかたまりとなっている。

それは市長だけでなく、議会もそうだ。

その延長線上にパッチワークのような堺市政がある。

一つ一つの事業は小さくまとまり、

批判を受けることへのリスクヘッジは上手いのだが

トータルでの総合的な取り組みができないところが

最大の弱みだ。

これはトップの指導力も影響するものだ。

大阪市で改革してきたことを一つ一つ検証すればその想いは

強くなる。

今、議会では大阪で取り組んだ改革のあげあし取るのが

トレンドになっているが、何も生まれない。

中学校給食も大阪市であったことを糧にして

また参考にもして、安全で手厚い給食実施に向けて

細かい議論を積み重ねていかなくてはいけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。