今朝は泉ヶ丘駅にて駅立ちさせて頂きました。

 

昨日、議会が閉会いたしまして、

 

直ちにポケットジャーナルを制作しまして

 

お配りさせて頂きました。

 

 

大変寒い中、沢山の方がお手に取って頂きました。

 

出来るだけ早い情報発信をこれからもしていきたいと思います。

 

今回のポケットジャーナルは

 

以前から政策調査している

 

「水上飛行の可能性」についても掲載しました。

 

堺では古墳群の世界遺産登録を目指しているが、

 

古墳を見てもらうにはこの水上飛行が有効であるし、

 

今議論されている統合型リゾートとの連携も考えられる。

 

堺市では大浜水上飛行場が大正11年から昭和14年まで

 

水上飛行場が運営されて、日本の民間航空輸送の発祥地

 

として存在していました。

 

近年では水上飛行が見直され、

 

2012年に「東日本復興水上空港ネットワーク構想研究会」が

 

設立され、地域に高速交通手段を提供すべく、

 

水上飛行機(小型飛行機)を活用することを提唱。

 

ヨーロッパやアジアでも、水上飛行機の輸送事業が開始されるなど、

 

世界で水上飛行機輸送がまた普及し始めている。

 

災害時には緊急物資を輸送する役割も担う。

 

倉敷市では民間企業が運営を始め

 

瀬戸内の島々の遊覧飛行を行っている。

 

三陸の宮古市(岩手県)、竹富島(沖縄県)、上天草市(熊本県)では、

 

独自に水上飛行機の導入調査を行っている。

 

横浜市でも検討中とのこと。

 

堺市でも旧港沖など、水上飛行場の可能性が

 

あるのではと僕は政策調査研究しております。

 

(空から見た仁徳天皇の陵)