昨日は堺市幼保合同研修へ。

 

堺市の幼稚園の先生や保育士さんに交じって

 

研修会に参加してきました。

 

「幼児期における支援教育」がテーマ。

 

発達障害の児童に関して講師から具体的な

 

現場での取り組みなどを織り交ぜながら

 

様々な話が聞けた。

 

生まれながらの特性を理解し、

 

そうでない行動については他の児童と区別をつけず、

 

いかに見極めて叱ってあげるべきか。

 

子どもたちの笑顔のために、

 

よき理解者として、心のよりどころとしての役割を

 

最後に話されて皆さん大きく頷かれておりました。

 

堺市の幼保教育に有益な研修会であったと実感するとともに

 

僕自身大変勉強になりました。