日曜日に高校の学年全体の同窓会が

 

ありまして大変懐かしく楽しい会に参加しました。

 

翌日、所属する文教委員会の行政視察で仙台市に

 

行ってまいりました。

 

初日は

・学校で行う防災教育について

・学校給食について

 

2日目は

・子ども体験プラザ視察

 

<学校での防災教育>

東北大震災の教訓をしっかりと後世に伝え、

防災に関する教育を行っている仙台市。

 

その取り組みについて説明頂いた。

 

やはり日頃の教育で災害について防災、

または災害時の対応について取り組む事は

我々南海トラフ地震が予想されている

堺市にとっても必要であると実感。

災害を経験した後の取り組みなので

ひしひしとその必要性について感じた。

 

<学校給食について>

仙台市は約104万人規模の政令市であるが

中学校まで全生徒対象の給食を実施している。

自校式、親子方式、センター式が混じった形である。

堺市は家庭弁当を主とする考えで、

中学校は選択性給食となっており、完全喫食給食への

議論にも「家庭弁当を主とする。」という答弁を繰り返す

ばかりの状況が続いている。

 

仙台市当局の方にお聞きしたが、集団生活を学ぶ

公教育の一環としてかなり給食は寄与しているとのこと。

堺では中学生に給食当番などをさせる指導が難しいと

言っている方もいるが、仙台市ではうまく行えているようだ。

 

また個人によって異なる量の調整についても先生と給食当番、

生徒間のコミュニケーションによって対応できているとのこと。

 

地産地消や食育についても熱心に取り組まれている。

堺市もしっかり全喫食の中学校給食の議論を行う必要がある。

 

 

<子ども体験プラザ>

カタール国の復興基金で設置された施設。

 

小学生の部(スチューデントシティ)

単なる職業体験施設ではなく、施設事態が仮想社会となっており、

職業から社会構成、働くという社会的意義が学べるようになっている。

経済活動の側面から色んな職種が社会を構成していると学べ、

市役所もあり税を納めたり生徒が市長にもなる。

 

中学生の部(ファイナンスパーク)

主に銀行、保険、証券、旅行代理店、結婚式場、公共料金などの

ブースがあり、将来の人生設計について仮想体験する施設で

実際に生徒がそれぞれの年収設定においてプランニングする。

当日中学生が来場してやっていたが、

これはなかなかシビアな作業を行っている。

 

小中学生通した体験によって

自分の将来を考えるようになり、勉強意欲も高まっているとのこと。

 

ランニングコストは生徒の交通費支給を含めて

年間約5000万円にて運営しているとのこと。

店舗施設は協賛参画企業がそれぞれブース建設費を出して

設置されている。運営にも企業ボランティアさんの派遣、

商品の提供など行い企業のCSRの一環として取り組まれている。

 

こういう体験は次世代を担う生徒達や地域・日本経済にとっても

有意義な取り組みであると思う。

 

仙台市は関西よりも少し肌寒かったが、

またこれからの議員活動に活かしていくようにしてまいります。