昨日は天皇陛下のメッセージが発表された。

政府は色んな対応を丁寧に

進めていってもらいたいと思う。

今回の陛下の話された内容を聞きながら

もちろん象徴天皇としての務めを

理想的に果たせなくなる場合に、

国、国民に影響ができるだけ及ばないように

というお考えであるが、

同時にその務めを一緒に果たしている皇后陛下への

深い愛情の念も感じて胸が熱くなった。

ご自身のお気持ち表明であったが

ご自身のためのものではなかった。

天皇陛下がおられること、それそのものが

現在の日本人には大きな精神的な支柱であるし

今回の対応について国民もまた考えていかないと

いけないと痛感しました。