ようやく堺市が泉北高速鉄道の通学定期を

負担軽減策として助成する方針を出してきた。

堺市民であることを確認して通学定期購入後に

助成するというもの。

2013年に補欠選挙後初めての大綱質疑から

堺市独自の方法として今回の形での助成を求めてきた。

それなら堺市が決断すればすぐできると訴えてきた。

ようやく重い腰を上げたと言える。

あれから何年経ったことか。

泉北高速鉄道民営化により、通学定期の割引率が

60%から70%へと拡大した。

しかし依然として南海電鉄の他区間と比べても割高感

が残っていた。

今回堺市は民営化時に割引された乗り継ぎ料金80円分を

堺市は独自に助成、還付することとなった。

例として

泉ヶ丘→堺東間(1か月定期)の場合、

民営化前¥8,080

民営化後¥6,720

今回堺市の助成にて¥5,280

となる。

尚、地下鉄へ乗り継いだ場合、または

泉北高速鉄道区間については対象外であり、

課題は残る形ではある。

また、最終的にこのような形であればもっと早い段階で

決断してもらいたかったというお声もあると思う。

しかし、これまで訴え続けてきた結果、前進した。

今年の8月議会に補正予算としてこの件は

議会にはかられ、予定では来年早々に助成される。

堺市の予算規模としては年間約7千万円程度となる予定。