今議会の常任委員会、産業環境委員会での質疑は

<市長質問>

産業振興関連の補助金・負担金について

堺の中心市街地の計画にも多々みうけられますが

堺市には沢山の補助金事業や委託事業があり、

今回出ました包括外部監査でも様々な指摘がされています。

補助金事業は行政の定番ですが、弊害もあります。

補助金ありきの事業運営に陥る場合、

一時的な効果でしかない場合、

補助金事業でやった感が出て、

持続発展のための本来の施策が出てこない。

街の自立、自力を上げる事に繋がっていかない。

また、外部監査では余剰金が大きく出て毎年次年度繰越している

点について市に返還すべきとの指摘もありました。

この点については今回の質疑で指摘し、

返還するとの答弁がありました。

また補助金事業や委託事業について、

公金支出する以上、上記に挙げた問題点に陥っていないか

その事業評価基準についても更に改善を目指すべきと

質疑いたしました。

市長からは指摘に対して真摯に取り組むとの答弁もあり

注視してまいります。

<予算分科会での質疑>

・堺市民芸術文化ホール整備事業

2度目の入札不調があった場合計画の見直しが必要ではないか。

・農商工連携、6次産業化推進事業

TPPなどの外圧的な要因により市場は厳しくなる。
6次産業化の目標設定はそこを意識して自らハードルを
上げて次なる課題を生み出す位の取り組みを。

・起業、創業支援事業

s-cube入居者以外の創業支援をs-cubeが行う事業の予算拡張。
本来起業集積してイノベーションを起こす路線でなかったのか。
市場やシェアが拡大する成長産業に力を入れるべきとの
これまでの僕の主張と外部監査の指摘についての答えは。

答弁は成長産業に加点を加えるとの事。

僕からは戦略的な誘致を行い攻めの事業へと要望。

・地域コミュニティ形成支援事業

商店街と大型店舗との連携事業に補助金を出す事業。
お金だけでなく行政はどう汗をかくのか。

答弁としては商店街と大型店舗の協議のテーブル設置
コーディネートに汗をかいていくとのこと。

僕からは上記に挙げた補助金事業の弊害に陥らないよう求め、
事業評価の総括を今後求める事を意見する。

<一般質問>

・南部丘陵「東西道路」について

南区「ハーベストの丘」の入り口で止まっている
東西道路について共用開始はどうなっているのか。
答弁として平成28年度内の共有開始を目指しているとのこと。

地元との話し合い、調整、安全面での整備を
しっかり行ってもらうことを求める。

足早ですが委員会質疑についてまとめました。

全般的に公金支出すべきものなのか、

補助金事業や委託業務の評価基準は市民に納得

できるものにしていくことが納税の納得度に繋がる

という観点から質疑を行った。

これから予算総括質疑もあり、これらのテーマについては

伊豆丸議員が引き継いで質疑いたします。