本日は堺市議会8月定例会最終日でした。

様々ありましたが、

我が会派から再提案した

「市職員の政治的行為の制限に関する条例案」の

採決がありました。

前回提案しましたのは平成26年。

維新の会、公明党、自民党にて議会可決しましたが

市長が再議致しまして、賛成数が2/3以上至らなかったため

継続審議となり、議員任期満了になり廃案となりました。

それで今回は維新、公明、自民で議席数が2/3を

超えている状況で再提案し、本日採決となったわけです。

結果は維新、公明、自民は西村議員ただ一人の賛成。

西村議員以外の自民党議員全員は何故か

今回反対となりました。

反対討論も無かったので理由は不明です。

自民党さんへは賛成への働きかけを

行ってきましたが日に日に

情勢は悪化してきていました。

結果、維新、公明で過半数は超えるため

一度は議会可決となりましたが

市長がまた再議を行使し、結果2/3には届かず否決となりました。

職員の政治的中立性を確保するべきもので

個人の思想を守る環境整備のためにも

必要な条例であります。

議論では個人思想を侵害するものだ!との声。

「平和安全法制整備法案」が逆に「戦争法案」と

されていった状況と

内容は全く異なりますが、似ている。

こんな条例の必要性がないではないか、というもの。

しかし、何と言っても

条例提案は可決されなければならない。

今後、会派としても更に研鑽していきます。