昨日は役所のテレビで

我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会での

採決を伊豆丸議員と見ていました。

プラカードが乱舞しており、誰が委員会メンバーかわからない。

採決にあたり、委員会委員の誰が反対で誰が賛成かも、もはや

わかりにくい中継となっていた。なんなんだろうこれは。

維新の党は対案を出して議論に挑んだ。

現行の憲法で可能な限り日本を守るための対案だった。

それ以上の議論はもはや憲法を変えなければならない。

プラカードをもって騒ぐことが国民の付託に応える事なのか。

今はそこから考えなければならない。