一昨日は維新の全体会議へ出席。

統一地方選挙後半の投票日でもあった。

住民投票告示前日となり、ひたすらに活動していくしかない。

賛成の人は投票に行かなくても良いというデマも

多く流れているらしい。

大変厳しい状況だと思う。

地方分権を進めるということは投票行動における責任も近くなる。

変化を伴うことにはさらに厳しくなるだろう。

中央省庁のとてつもないチェックを受けて

総務大臣の特段問題なしとの意見をもらっての住民投票。

あとは市民の皆さんのご判断となっただけに

最終日までしっかりと活動することが大事だ。

今回の結果は大阪市だけでなく府下全域にとっても

交通インフラなどの広域的な取り組みになどについて

影響がある。

住民投票は最終保守的に流れるのがこれまでの例で

「今のままでいいよね。」という情報が影響力を持つだけに

しっかりと活動していかないと。

出直し市長選挙で候補者を出さずに、今どんな責任感をもって

反対政党は訴えているのだろう。

昨日は告示日となり、あべのでビラ配り。

いよいよ始まった。