昨日は夕方から泉ヶ丘駅でした。

大阪維新の会統一行動。

堺版の維新プレスをお配りさせて頂きました。

今は堺の議会でも、報道でも逆風となってますが、

がんばれよ!とお声かけ頂きまして嬉しかったです。

何かを変えようとして踏み出せば、

それに対しての批判が出てくるのは当然です。

しかし、昨日は建設的なご意見も頂いて、

市民の皆さんの意識の高さは

誰と比べるわけではありませんがすごいです。

今回の維新プレスは現市政に対して批判的な内容ですが

本来、僕らは提案政党なので

いつものように提案型で想いを伝えていきたいと思います。

OTK社の売却益の全てを還元しろという現状もあります。

民営化で得た売却益で泉北ニュータウン活性に

投資していくことは当然で、近大移転に伴って

100億円規模の投資を松井知事は明言し、

また泉北高速の利便性向上に向けて

南海と協議しているわけです。

地元自治体として堺も大阪府と連携して動かなくてはなりません。

新たな泉北ニュータウン活性に向けて住民参加の仕組み

地元調整など様々な担いがあります。

東大阪のトラックターミナルや

不採算部門を清算し、府民全体として

痛みを伴いながら民営化したことなど目もくれず

もらえるもんはなんでももらえ、

全部よこせと決議するのは本当に

僕たち堺市民の声だろうか。

同じ大阪府民、日本人として考える

そこが日本人の良さだと思う。

がれき処理に関連した復興予算で批判を受けたのは

堺市民として不本意であったことを

もう忘れてしまっているのだろうか。

堺の孤立は進行していく。

堺に設置された復興の基金をもっと活用し、

事業を行ない、もっと寄り添っていくべきところなのに

大変残念だったが、そうとばかり言ってられない

また一つずつ、頑張っていこうと思う。