本日議会最終日となりました。

今議会中に公明党小西議員が事故でお亡くなりになって

最終日の今日は追悼演説がありました。

会派はちがえども、気さくで明るくお声かけ頂いて

素晴らしい方と敬愛しておりましたので大変残念な気持ちです。

また本日は

「泉北高速鉄道売却益を沿線住民に還元するよう求める意見書」

というものが出ました。

泉北高速鉄道とは大阪府民全体の税金を使い、整備されたもので、

この売却益は泉北高速鉄道だけではなくそもそも不採算部門の切り離しや、

トラックターミナルなど大阪府民全体が寄与しています。

当然、沿線住民の利用料もOTKの資産形成の一部を担ってきた事は

理解できるもので我々も地元選出議員としてそのことは主張してきました。

それを受けて大阪府松井知事は売却益も含めた一般財源から

泉北ニュータウンに100億規模の投資を行うと明言し、

近畿大学医学部付属病院の移転や沿線地域の道路・用地整備などを

積極的に進めていく考えであり、泉北高速鉄道の利便性向上についても

南海電気鉄道株式会社と協議を行っており

期待も高まっているところであります。

松井知事は府として、北大阪だけに使うと行っているのではなく、

泉北高速沿線地域にも府として投資を行い、

府でやれることはどんどんやると言っています。

しかし本意見書はこのような中、

堺市が具体的な事業計画もないまま、売却益の一部ではなく、

すべてを求めていくという

自己中心的なものであります。

いくらくれるか解らないんだから全部くれ、

言うだけ言っていけばいいんだ、という意見です。

この点について僕の会派は反対の旨を表明しました。

大阪府の職員の方でもこれを見てあまりの内容に絶句したと聞いています。

東北の震災復興予算の件で議論が巻き起こったように

もらえるものはなんでももらえという姿勢が

本当に市民の想いを純粋に代弁しているかを考えなくてはなりません。

こういうことではなくて

本来、堺は大阪府としっかり連携し、泉北ニュータウン活性に向けて

地元自治体として住民意見、調整役を担い

動いていく方に転換することが必要であります。