昨日は早朝から役所で会議の後、

緊急災害時燃料備蓄や

近大病院移転などについて

担当部局の方々とお話した。

近大病院移転については現在、大阪府で

詳細調査及び計画策定中であり、それを案として今後

住民の方々との話し合い、意向調査も含めて

随時行っていく予定になっている。

やはり、府営住宅に住んでいる方々に理解頂くことが

この事業の重要なことであるのは間違いない。

また、大阪府の部局ともヒアリングを続けていく。

泉ヶ丘プールの移転先は3箇所ほど候補があるのだが、

これはビッグバン付近が一番いいというのが僕の意見だ。

候補地の中で一番駅から近いし、陸橋を渡って

ビッグバン、新プールへと分かれていく導線となり、

利用しやすくスムーズだし、なにより安全だ。

ビッグバンも合わせて、子どもゾーンとして新たな

発信ができると思う。

緊急災害時の燃料備蓄については

国としての政策もあるのだが、

タイムラグの可能性もあり、身近な基礎自治体でも

備えることは必要だと思う。

また緊急災害時のガソリンの備蓄も重要な事項だ。

民間とも連携し、可能な限りの最適を追及したい。

可能な限りの最適とはエンジニアリングの基本だが、

そういう考えも僕なりに市政に活かしていきたい。