今、大阪都構想の設計図を作る法定協議会で

維新以外の会派が猛然と阻止しようとしている。

異常なぐらいの必死さだ。

報道もその動きに食いついて報道している。

僕は維新の会の議員だが、

もしそうでなかっても、設計図作りは

すべきだろうと思っていたはずだ。

首長選挙で都構想を進めてよいという民意も出ている。

議員も民意で選ばれたことは間違いない。

だから設計図作りをそんなに必死で阻止するのではなくて

作るのは作らせて議会できっちり問題点を追求すれば

良いはずだし、議会はそういう場であることも確かだ。

その自信があればいいじゃないか。

何をそんなに恐れているのか僕には解らない。

市民に住民投票で問うという手続きが最終的にある。

市民の皆さんに提案できることがあるなら

提案すべきだ。

それを事前に握りつぶすことが民意であるとすれば

大阪市長選に候補を立てるまでもないという姿勢で

どう民意を得ているというのだろう。