堺市の中学校給食実現というのが僕のテーマの一つですが、

大阪府も堺市の中学生に給食を食べてもらいたいと思っています。

設備投資の半分を府が負担すると言っています。

今年の3月末がその申請期限でしたが、堺市がしっかり意思表示

すれば申請に応じる考えを示しています。

現在行われている堺議会期間中に私は決断すべきであるし、

そうでなければならないと思っています。

このまま大阪府の想いを拒絶し続けることは

市民にとって大きなマイナスです。

給食は義務教育の一環であります。

他会派の主張の一つに、

「お母さんの手弁当で愛情表現」というものがありますが、

愛情表現を指定するなどはどうかと私は思っています。

いろんな家庭、それぞれの親子関係があります。

私は両親が共働きでしたので、家族のために働く母親の

後姿にいつも感謝していました。

寂しい思いさせて申し訳ないと母親も言ってましたが、

逆に心配かけないようにしようと思っていました。

そして、弁当でお母さんの愛情をというのなら、

むしろ中学生ではなく、小学生ではないでしょうか。

義務教育には集団生活集団行動、協調性を学ぶ目的もあります。

その教育の一つとして給食もなくてはならないと訴えてきました。

そして堺では手厚い、そして安全基準に厳格な中学校給食を

実現すべきです。

来週からまた、大綱質疑が始まります。

私たち大阪維新の会からも

「中学校給食実施を求める決議」

を出します。

この議会でなんとか給食実施に向けての意思決定を決断させる。

その想いをもって臨みます。