大阪市長選挙が終わった。

結果、37万票以上を橋下徹に投票頂いた。

僕はもっと低くなるのではと気にしていた。

僕の認識が古いのかもしれないですが、報道関係からこんなにも

選挙自体をマイナスに報じられていたことを考えると、

大きな数字だ。

しかも報道、テレビも無視に近い状態もあったわけだ。

普通もっと影響されてもよい状況だ。

投票に濃淡をつけてはいけないと思うけれども、

投票された方は濃厚な投票行動ではないかと思うのです。

また、街頭タウンミーティングという試みにもチャレンジ。

これ他の人できないと思うのです。

現場でどんどん質問受け付けて答えていくんですから。

政策をこれほど熱く語る選挙はそうないのではと感じました。

普通もっと抽象的ですよね、選挙は。

そして、メディアに影響されずしっかりと投票した方が

37万人というのはメディアの影響力の低下を示すものだと思うし、

市民の皆さんの意識の高さだと感じました。

僕も手伝いに行ってる最中、色々話しかけられました。

新聞記者の人、そして市民の方。

びっくりしたのは新聞記者さんの質問の内容。

「人の集まりが前回より少ないですがどう思います?」

とか、

「人気が落ちてきてる状況をどう思いますか?」

とか、ひどい人では

「橋下さん、ぶらさがり会見してないんですか?」

びっくりしました。

圧倒的に市民の方に頂いた質問のほうが的を射たものでした。

うーんどう消化していい現象なのかわかりません。