昨日は党会議に出席してきました。

大阪市長選挙の件にて。

こういう会議に出るといよいよ動き出す、

そんな臨場感を感じます。

大儀が無い選挙と連日様々な報道がありますが

今回都構想の是非を問う選挙ではありません。

都構想は最終的に住民投票で判断していただくもので

その前にしっかりとした設計図を示さないといけない。

このまま設計図作りを進めさせてくださいという選挙に

なろうかと思います。

設計図が無いのに、都構想の是非は問えないわけです。

法定協議会は設計図を作る場であって、

都構想の是非を問う場ではない。

都構想の是非は議会→住民投票で行われる。

設計図を作らさないという議員も民意で選ばれているし、

都構想を掲げる市長もそうです。

政治は政治家のものではなく、国民・市民のもので

もう一度このまま進めていけと民意の後押しが、みんなの声が必要なんだと思う。

それなくしては暴走となってしまう。

そして市長選に勝たないと政局にたけた公明党とは話し合いができないと思う。

また、市長選に勝って設計図作りを進めても暴走と言われ、

議会で否決され住民投票までいけない可能性も高い。

そのときは作った都構想の設計図を示して、

統一地方選挙で民意を問うことになると思う。

今年、来年は大阪の歴史の中で本当に影響の大きい年になるだろう。