安倍首相が靖国参拝した。

とてもいいことだと思う。

いろいろとメディアなんかでも報じられているが、

外国に怒られるからやめてほしかったとかが多い。

もう日本がファシズムになるわけもない。

戦争があったことは不幸なことだ、それは間違いない。

しかし、不幸にして起こった戦争だけれども、

家族や地域、国を守るために命を落とした先人には

やはり祈りをささげるべきだろう。

そうでなければあまりにも情がなさすぎる。

それを戦後こんなに年月がたった今も外国から

怒られないといけないのか。

戦犯というなら戦争に関わったすべての人ではないか。

もっといえば人類の罪だろう。

不幸なことを二度と繰り返さないためにも、しっかりと

戦争で命を落とした先人に平和を誓う祈りを捧げることは

本当に大切なことだ。

歴史と人々の想いに真剣に向き合うことが靖国参拝だろう。

避けてばかりいて真の平和を築けないと僕は思う。