堺市長、竹山市長が辞職となりました。

昨日に予定されていた竹山市長の政治資金問題に関しての

議員総会は自民党、公明党、ソレイユ堺の会派によって中止となった。

元はと言えばこの方達の提案にて議員総会開催となった。

「竹山市長が辞職したから説明できないと思う。」これが議員総会中止の

公明党の理由。

到底、そうですかとはいかない。僕たち維新の会は辞職と説明責任は違うと

主張し、議員総会開催を求めたが、全く取り合わない状況が議会運営委員会にて

続き、最終的に採決されて中止となった。

必死で池田幹事長が食い下がり続けると、明らかに公明党の議員は苛立っていた。

一部テレビでもその模様は放送されている。

辞職したとしても説明責任を求めていく。

今回の辞職で堺市長選挙は6月9日(日)投票日となった。

選挙戦が始まる。

辞職のタイミングが悪く単独選挙となり費用がかさむ。

しかし、僕たちは候補者を擁立し、政策を訴えて正々堂々と選挙戦を戦う。

今朝も泉ヶ丘にて西林府議と駅立ちをさせて頂き、様々なご報告をさせて頂いた。

いよいよ戦いが始まる。