昨日は堺市戦没者・戦災物故者追悼平和祈念式典へ。

 

毎年この式典で色々感じさせられる。

 

先人の方々の御無念を忘れないよう、

 

僕たちも生きていく必要がある。

 

そのためにも国際事情、国際感覚をしっかり

 

持っていなければと思う。

 

日本で内戦とは考えにくく、戦争が起きるとすれば

 

どこかの外国と発生するものと考えられる。

 

外交の失敗の果てに起こることもある。

 

自分の国だけが平和ならよいと言う思想だけで

 

平和を維持できないのは明白で、

 

国際的にもっとシビアな決断も必要になるだろう。

 

再び戦争を発生させないために

 

唯一の被爆国である日本の平和への呼びかけは

 

国際的にも大きな影響があり、

 

今後も継続していくという想いを僕たちそれぞれが

 

しっかりと繋げていく責任を感じた。