昨日はテレビ局からのインタビューがあった。

中学校給食に向けて動き出すにあたってのインタビューだった。

給食について熱い議論が続くことになるが、

なんちゃって給食にならないよう、しっかりと議論を

積み上げなくてはと思う。

安全はすべてに優先する事項だし、

加えて社会から愛されている、大事にされていると感じる

そんな給食にしていきたい。

その想いはうまく言えただろうか。

今、堺市はまだ家庭弁当を基本とするスタンスを守ろうとしている。

家庭弁当の補完として給食という事を言い始めている。

逆にアレルギーの生徒さんのために弁当も可とする方がよいと思う。

インタビューはどれくらい使ってもらえるかわからないが、

市民の皆さんの関心と議論も巻き起こしていくべきだろう。

放送は今週金曜日夕方、朝日放送のキャストという番組です。